オリジナルTシャツを作成する際の注意点

Tシャツ オリジナル

文化祭や各イベント時に着用したり、来場した方にプレゼントしたりなど、いろんなところで大活躍するオリジナルTシャツ。オリジナルともあって好きなデザインで作ることができるのがオリジナルTシャツの1つも魅力でもあります。ネットやオリジナルTシャツ専門店舗にて注文することができます。価格も格安で出来るところもあれば、デザインもさまざまなので、作成予算やこんなデザインは作成可能なのかを聞いたり、金額・デザインを出していただき決めることも大切です。作成する際、キャラクターや店舗メーカーロゴ、人の写真などを使用して作成しようとすると著作権や肖像権などの問題が出てくるので使用する際は許可を得たり使用可能なデザインであるかなど専門店や業者に聞き確認しながら作成していきましょう。

オリジナルTシャツを作ってみよう。

オリジナルTシャツの作成する時、ベースとなるTシャツの色を何色にするのか、Tシャツの素材を一番に決めます。ベースの色や素材が決まったらプリントするデザインや使用する文字の色などを考えましょう。プリントするデザインやロゴ、文字の大きさを決めるのもとても重要です。デザインや文字、ロゴが小さいとプリントした時やTシャツの素材によっては、デザインを引き延ばしした際に、画像が粗くなってしまったり実際出来上がったときに思っていたよりもデザインが小さかったなど思い通りのTシャツにならなかったなど出てきたりしてしまいます。プリントするデザインの位置が中心に寄りすぎてしまう、文字を大きくするなど全体的に幅を空けたりサイズを大きめに考えてみるなど多数のアイディアを考えてみるのもいいでしょう。

多数の場所で活躍されるオリジナルTシャツ

各イベントや文化祭など多数の場所で見かけるオリジナルTシャツ。イベントスタッフ専用Tシャツであったり、文化祭や体育祭でもチーム一丸となって準備や企画を進めたりなど思い出の1つとして残る物になります。来場者記念品としてもボールペンやタオル、ステッカーなどといった物もプレゼントとして配っている物もありますが、中にはオリジナルTシャツを作成しイベントに参加していただいた方や抽選記念品として販促物としても活躍していることも多いです。着用やプレゼント等で使用する以外にも飲食店でもお店オリジナルのスタッフTシャツを作成し着用したり、スタッフのモチベーションを上げる1つの目的や仕事することに対しての意識向上の為など、そのお店のPRとしてTシャツを作成し着用などイベント、販促物以外にも大活躍しているのがオリジナルTシャツの魅力の1つでもあります。