色もデザインも選び放題
2016.12.01

はっぴサムネ祭りの衣装としてお馴染みのはっぴですが、最近では他のシーンでもよく着用される機会が増えています。とにかく団結感を示す際にはうってつけの衣装といえます。そこで様々なデザインのはっぴをたくさんまとめました。色鮮やかな物から、クールな物までまさに選び放題となっています。正統派の伝統的な祭りの衣装としても人気ですが、現代風のおしゃれな物も人気です。一人で着るのも良し、仲間で着るのも良し、楽しみ方は人それぞれとなっています。

法被はかつて二種類に大別されていました。派手なデザインが印象的な祭半纏と、非常に丈夫な刺子半纏です。祭半纏は神輿半纏とも呼ばれ、その名の通り祭りの際に着用されていた物で、鮮やか色合いが印象的です。伝統的な衣装であり、今も祭りの際にはよく着用されています。また、その派手さを生かして応援団やダンスの衣装としてもよく着用されています。刺子半纏は江戸時代の火消しが着用していた物で、火の粉が降りかかっても簡単には破れない丈夫さが魅力です。激しく動いても問題ないのでスポーツのユニフォーム感覚でも着ることが出来ます。昨今では祭半纏と刺子半纏の良いとこ取りのような物も販売されています。

はっぴにはサイズでも二種類に分けることが出来ます。ひざ上まで裾がくる丈の長いタイプと、腰くらいまでの裾の短いタイプがあります。丈の長いタイプの場合は大きな絵柄や象徴的なマークを入れたりしやすい特徴があります。最近ではアニメのキャラクターや好きなアーティストのマークなどがデザインされている物もあります。選択の幅は非常に広いため、仲間同士であえて色の異なる物を着用することでそれぞれの個性を印象づけることも可能です。裾が腰までの短いタイプは何といっても動きやすいのが特徴です。走る際にも邪魔にならず、動きの多い場面にはぴったりとなっています。特に転びやすい子供たちに着せる場合、丈の短めを選択しておくと安心です。サイズに関しては一ツ身や三ツ身といった伝統的な表記だけでなく、㎝の表記もなされているショップが増えています。普段の服を買う感覚で選べるのは嬉しいポイントです。親子でお揃いの物を着る方も増えています。身近なところでいえば町内会の地蔵盆で着用したり、小学校の学芸会で着用したりと気軽に着る機会は増えています。みんなで統一した物を着る際にも、サイズの融通が利きやすい衣装なのでまとめて用意することが可能です。

▲ ページトップへ