動きやすい踊り用のはっぴ
2016.12.01

はっぴサムネはっぴは江戸時代武士や職人などがそれぞれが属している名まえなどを染めたりして着用していました。この衣装は古くからある日本人の伝統的なものとして知らない人はいないといっても良いかもしれません。そして、今でもお祭りや企業の販売促進、学校行事などいろいろなイベントの場で複数の人が集まって着用し、その場を盛り上げるために一役かっています。そして最近は、学校の体育祭や文化祭だけでなく、ダンスをしているグループなどでもその衣装として使用することが多くなっているようです。

日本の伝統衣装として認識されている着物のような形をしているはっぴは、どんな服装であってもその上に羽織るだけで済む便利な衣装です。お祭りなどでは、どんな格好でも羽織った瞬間におそろいの衣装になります。日本の伝統衣装としてまず一番に挙げられるのは着物ですが、形は似ていても着物とは違って非常に手軽な衣装となっています。基本的な形は似ていても着物とは違って非常に動きやすいため、踊り用の衣装としては最適なようです。最近は古くからある民謡などを現在風にアレンジし、もちろんその曲に合わせるダンスも今風の振り付けでかっこよく踊る人たちが大勢います。グループもたくさんあり、地域で行われるお祭りのパレードなどでもとても盛り上がるパフォーマンスとして人気があるようです。学校でもそのクラブがあり、その学校オリジナルのダンスが制作され、それを受け継いでいくといった新しい文化も生まれつつあります。新しい時代の中にあっても、古くからある伝統衣装が息づいているということは日本独自の誇れる文化だということもできるでしょう。

ひとりで着用することはあまりなく、何人かがおそろいで着用することが当たり前の衣装なので、色や柄、長さなどをおそろいであつらえることも多くあります。その際には、オリジナルのはっぴを作ってくれる専門店が多くあり、インターネットのサイトから注文をすることもできます。布の種類も選べるので、踊り用として注文する場合には動きやすい布を選ぶ必要があるでしょう。最近は激安価格で注文できるものも多くなっていますが、それらは不織布などどちらかといえば硬めの生地が多いようです。動きやすいものは多少金額も高くなるかもしれませんが、動きにくい衣装で無理してせっかくのパフォーマンスが意にそぐわないものになることがないように、使用する布選びは慎重に行う必要があるでしょう。

▲ ページトップへ